エクスポート,インポート,プリント機能の紹介

こんにちは。
今回は、Boostnoteへファイルをインポートしたり、Boostnoteからノートをエクスポートしたりする機能を紹介します。

・ローカルにマークダウンファイルがあるけど、それをBoostnoteへインポートしたいな
・Boostnote内のノートをプリントして会議の時に使いたいな

なんて思ってる方はぜひ見てください!

というわけで、まずはメモをPlain text(.txt)、Markdown(.md)形式でエクスポート、インポートする方法ついて紹介します。

1.エクスポート機能

f:id:junp0819:20170922145010p:plain メニュー>File>Export as と進むと、
Plain text(.txt)形式、Markdown(.md)形式にエクスポートできます。

File名と保存場所を選択すると、エクスポート完了。 

2.インポート機能

メニュー>File>Import fromと進むと、開くファイルの選択画面へと進みます。 f:id:junp0819:20170922145017p:plain

開くファイルを選択すると f:id:junp0819:20170922145020p:plain インポート完了。
とても簡単ですね。

3.プリント(pdf出力)

メニュー>File>Print と進むと、ノートのプリントをすることができます。  f:id:junp0819:20170922145023p:plain また、ここでは単純にプリントをするだけでなく、
・PDF
・PostScript
として保存できます。

そのほかにもPDFとして、
・iBooksに追加
・iCloudに保存
・”Web受信”フォルダに保存
・メッセージで送信
・PDF形式でメール送信
などができます。
f:id:junp0819:20170922145025p:plain

4.まとめ

Boostnoteにはエクスポート、インポート機能もあるのでぜひ活用してください。
また、プリント機能で印刷屋、PDFとして保存もできるので紙媒体での情報共有もできます。 以上、 エクスポート,インポート,プリント機能の紹介でした。

Boostnoteのダウンロードはこちら

boostnote.io

Githubはこちら

github.com

 
SNS上でも発信しております。よろしければフォローやシェアお願いします!
Twitter
Facebook

ショートカットキーを用いて、仕事能率を120%にする方法

こんにちは。
皆さんはショートカットキーを使ってますか?

ショートカットキーを使うと1日約5分の節約ができるとします。
この場合、30日だと150分(2時間30分)の節約ができ、
1年間なんと1800分(30時間)、時間の節約ができちゃいます。
 
というわけで今回は、
Boostnoteの作業速度を爆速にしてしまうショートカットキーの使い方を紹介します。

Boostnoteって何?って方はこちらへどうぞ。

boostnote.hatenablog.com

1.Finder機能

[Command + alt + S]

f:id:junp0819:20170921175110p:plain

上記のショートカットキーを入れることでFinderが立ち上がります。
このFinderの検索欄に、例えば「sql」と記述すると、”sql”のメモが出てきます。
ここで”Enter”ボタンを押すだけで、メモの内容をコピーできます。
 
あとは貼りたいところにペーストするだけです。
 
 

2.Boostnoteを表示、非表示

[Command+Alt+L]

上記ショートカットキーを入れることでBoostnoteの表示と非表示を切り替えることができます。
調べ物をしながらWebページを見たり、メモを書いたりの作業の時に有用です。
 
 
ちなみに、この2つの機能は以前の記事でも紹介しましたが、[Preferences]で自分好みにいじれます。
f:id:junp0819:20170921175125p:plain

   

3.その他のショートカットキーを見ていきましょう。

ショートカットキー 機能
Command + N 新規ノートの追加
Ctrl + E markdownのエディタモードに切り替え
Ctrl + J 下のノートに移動
Ctrl + K 上のノートに移動
Ctrl + S 検索バーにフォーカス
Ctrl + Del ノートを削除

などなど、実は色々ショートカットキーが用意されています。
是非試してください!
 

まとめ

今回は Boostnoteのショートカットキーについて書かせていただきました。
先日のミートアップでのユーザさんの一人は、表示・非表示のショートカットキーをバリバリ使ってるらしいです。
皆さんも是非利用して作業能率を上げましょう!

Boostnoteのダウンロードはこちら

boostnote.io

 
SNS上でも発信しております。よろしければフォローやシェアお願いします!
Twitter
Facebook
Product hunt
AlternativeTo
GitHub
 

Boostnote MeetUp vol.3を実施しました!

9月19日に、久しぶりにBoostnote MeetUpを実施しました! 

f:id:junp0819:20170920194437p:plain

会場はPOINT EDGE SHIBUYA BASEhttp://pointedge.work/shibuya/)をお借りしました。

 

開場から数分後、参加者の方々が入場してくださり、無事開催できたので一安心です。

 

f:id:junp0819:20170920194504j:plain

まずは、参加者の方々とBoostnoteメンバーの自己紹介から始まりました。

多様な職種の方が集まって頂いており、感謝でした!

 

Boostnoteを知ったきっかけとしては、ブログを見たり、Githubのトレンドから見たり、普通にメモ帳を探していたりと、私達としても気付きがありました。

 

自己紹介の後は、早速Boostnoteメンテナーより「魔改造Boostnote」のトークが始まりました。

 

f:id:junp0819:20170920194513j:plain

ここでは、本体にmargeはされていないものの(というか出来ない!笑)Boostnoteの追加機能が紹介されていました。

 

紹介後、ユーザの方々にどんな機能があるといいかという議題の元、ディスカッションを行うと

・ 読み上げ機能

・ 音声認識(精度による)

・ テンプレート機能

・ リアルタイムプレビュー

・ Todoリストの進捗管理は便利

上記のような意見が参加者の方々からとても活発に出ていました。たーのしー!!

 

次に、Boostnote moblileの開発を行っているT氏の話が始まりました。

内容は「10hz」と「Boostnote mobile」についてでした。

 

f:id:junp0819:20170920194457j:plain

こちらの画像はベータ版の10hzについての説明をしています。

 

ユーザの方は主に会議でBoostnoteを使用している方も多かったので、Boostnoteのチーム版である10hzにはとても興味があるようでした。

 

f:id:junp0819:20170920194517j:plain

10hzについても皆様から様々な意見が出ており、とても実りのあるミートアップだったと思います。

 

最後は親睦会として近くの居酒屋に移動し、ディープな話や、エンジニアトークなどでとても盛り上がっておりました。

色々なデベロッパーが一堂に会するというのはなかなかないので貴重な時間を過ごせました。

 

f:id:junp0819:20170920194456j:plain

まとめ

予想以上に盛況でしたので来月もまた行いたいと思います。

開催からビール片手にうまい棒を食べるような会なので、是非皆様ゆるっとお越しくださいませ!

 

また、お越し頂いた方には、Boostnote10hzステッカーをプレゼントしています。

 

f:id:junp0819:20170920194447j:plain



 

 

 

SNS上でも発信しております。よろしければフォローやシェアお願いします!

Twitterhttps://twitter.com/Boostnoteapp

Facebook grouphttps://www.facebook.com/groups/boostnote

 

また、各種サイトでのLikefavなどしてもらえると嬉しいです。

Product hunt : https://www.producthunt.com/posts/boostnote-2

alternativeTo : https://alternativeto.net/software/boostnote/

GitHub : https://github.com/BoostIO/Boostnote/

 

Boostnoteの機能紹介 ノートの作成方法と設定画面

Boostnoteの機能紹介 ノートの作成方法と設定画面

 

今回から、Boostnoteの機能を紹介していきたいと思います。

最初ということで、ノートの作成方法と設定画面の変更について書かせていただきます。

f:id:junp0819:20170919191010j:plain

boostnote.io

 

1. Markdown Noteの作成

画面上部の[Make a Note]ボタンを押すか[Command + N]ショートカットキーを押す。 

f:id:junp0819:20170919190931j:plain


Make a Note画面で左のMarkdown Noteを選択すると作成できます。

あとは、Markdown記法を用いてノートを作成してください。(Markdown記法がわからない方はこちら)

 

 

2. Snippet Noteの作成

Markdown Noteと同様、画面上部の[Make a Note]ボタンを押すか[Command + N]ショートカットキーを押す。

Make a Note画面で右のSnippet Noteを選択すると作成できます。

 

一番上のDescriptionにはタイトルを入れます。

f:id:junp0819:20170919230938j:plain

貼りたいソースコードを下の画面に書いていきます。スニペットタイトル部分の右側の「+」ボタンを押すと、一つのノートに複数のスニペットを追加できます。

 

また、ノート下部には「プログラミング言語」、「インデント」、「サイズ」の変更ができるタブがあります。

f:id:junp0819:20170919230934j:plain



3.設定画面

画面一番左上の[Preferences]を押します。

大きく以下の4つの項目があります。

Storages

HotKey

UI

Info

 

Storages

ここには主に2つの機能があります。

f:id:junp0819:20170919230944j:plain



1つ目に[+Add Storage]というボタンで、他のフォルダと共有する方法があります。

 

このようにDropBox側で共有フォルダを作成することで、それぞれの端末間で同期することができます。

 

ユーザの方が詳しくまとめてくださっていたので、詳細はこちらからどうぞ。

 

2つ目に[My Storage]などの右にあるボタンでは、フォルダを追加したり、開いたり、ストレージとのリンクを切る機能があります。

 

HotKey 

f:id:junp0819:20170919230948j:plain



画像の通り、[Toggle Main][Toggle Finder(popup)]のショートカットキーを変更することができます。

UIf:id:junp0819:20170919230957j:plain

ここではBoostnoteのテーマカラーや、フォントやそのサイズを変更することができます。

フォントやテーマカラーは触るとわかるので、以下の2つの項目の説明に留めます。

 

Switch to Preview:「編集を止めた時」「右クリック」の2項目を選択できます。

Editor Keymap:デフォルトと、vimと、emacsを切り替えれます。

Info

InfoではBoostnoteのバージョンやWebサイトやCopyrightなどの詳細について書かれています。

 

まとめ

 

Boostnoteは機能が多いので、知らない機能があったりするかもしれません。

今回は初回ということで主に基本的な機能の紹介をしましたが、他にも様々な機能があるので、

随時紹介していこうと思います。

 

 

 

 

SNS上でも発信しております。よろしければフォローやシェアお願いします!

Twitter

Facebook

 

また、各種サイトでのLikefavなどしてもらえると嬉しいです。

Product Hunt

alternativeTo

Github

AndroidアプリにMarkdown入力補助がつきました!

Boostnoteとは?

リリース以来196の国と地域へ拡がっており、直近のユーザーの海外比率は90%とグローバルなオープンソースのプログラマー向けノートサービスです。

https://boostnote.io/

Mac, Windows, Linux, Android, iOSのアプリを提供中。 全てオープンソースで公開しており、世界中の開発者達と対話を行いながら日夜開発に取り組んでいます。

10hz (Boostnote Teamより改名)もリリース間際!お楽しみに。

皆さん、お待たせしました!

BoostnoteのAndroid アプリに、待望のMarkdown入力補助機能が追加されました! f:id:kazup_bot:20170918101613p:plain

これでモバイルにおいて面倒だったMarkdownの入力が、圧倒的に簡単になりますね 😆

早速Markdownを入力し、上部のプレビューで確認してみましょう🌟

iOSも今週中にはアップデートするので、少々お待ちを! それではBoostnoteをお楽しみください!

久し振りに地元の福岡に帰ってましたが、福岡はよかねー。

f:id:kazup_bot:20170905104125p:plain


*Boostnote関連情報

Boostnote Mobileをオープンソースで公開しました!

React Nativeで作られているBoostnote Mobileを、昨日MITライセンスで公開しました。

レポジトリはコチラ

f:id:kazup_bot:20170905104125p:plain

先日のモバイルアプリのアナウンス後、想定していたより多くのフィードバックに驚いています。

なぜオープンソースにしたのか、したいのか、その理由やモチベーションについてはこちらのポストにに書いていますのでそちらを読んでもらうとして、今回は戦略としてのオープンソースについて書いていきます。

突然ですが、日本のIT企業の経営者層は、開発者コミュニティが持つ力を軽視しているように感じます。

これは、その事象に対して苦言を呈したり何がしかの改善を要求するものではなく、客観的な事実だと思います。

世界に目を向けてみると、GoogleやAmazon, Facebookのような巨大企業はもちろん、TwilioやSendGrid, Atlassianのような成長企業など、多くの企業が当たり前のように開発者コミュニティの構築に力を入れています。

中でもFacebookはズバ抜けてコミュニティ、ひいてはエコシステムの構築が上手く廻っているように感じ、スマートフォンの次の時代の覇権を握るのは、ハードもソフトも丸っとFacebookだろうと思っています。

Zuckも「世界をよりオープンに、そしてより繋がったものにする」とスローガンを定めているようですし、有機的に繋がるグローバルなコミュニティの構築・発展を、再現性を武器に対コンシュマー以外にも仕掛けているのは、「すごい」の一言でした。

開発者コミュニティを作ると言っても、ただAPIを公開したり、著名なスピーカーを呼んでディベロッパーカンファレンスをたまに催すなどでは意味がありません。

一過的ではなく物事を継続的に行う必要があり、マネジメントには労力がかかる上、短期的な全社のKPIにはほぼ結びつかいないことが経営者層の腰を重くし、言語の壁や、開発者コミュニティの文化、プログラミングそのものに対しての理解の無さが、動かない動機に拍車をかけています。

そういったこともあり、またグローバルで成功している国内の事例があまり無いこともあり、これまで多くの人に厳しい言葉をもらう場面が多々ありました。

日本発のオープンソースでグローバルで成功は無理だ、ソフトウェアで勝負するならまずは日本のマーケットからだと耳がタコが出来るほど言われましたーーーーが!未だに僕はそれに対して納得していません。

寧ろ、だからこそ日本から世界に誇るソフトウェアを生み出すことに拘ります。

これまで毎日細かい改善を積み重ね、メンテナ達と話し、コミュニティと向き合ってきた結果、海外からのアクセスが約90%と、とても広い方々に認められるプロダクト、そして開発者のコミュニティになりつつあります。

f:id:kazup_bot:20170725170927p:plain

そして今回、新たにBoostnote Mobileのオープンソース化を実施しました。

まだ小さすぎる歩みですが、この小さな一歩がきっかけとなり、世界をブン回せたなと言える日を目指して、頑張ります!

また、僕達のコミュニティは常にオープンなので、皆様のご協力をお待ちしています。

世界で通用するオープンソースを作る為に、是非力を貸してください!よろしくお願い致します。


*Boostnote関連情報

プログラマー向けノートサービス、BoostnoteのiOSとAndroidアプリをリリースしました!

Boostnoteとは

オープンソースのプログラマ向けノートアプリです。 現在190を超える国と地域まで拡がっており、多くのプログラマーの方々に愛されています。

これまでMac, Windows, Linuxのアプリを提供してきましたが、予てより希望の声が多かったモバイルアプリを本日リリースしました!

iOS: https://itunes.apple.com/jp/app/boostnote/id1273066636
Android: https://play.google.com/store/apps/details?id=io.boostnote

f:id:kazup_bot:20170828112356p:plain

Boostnote mobileで出来ること

手軽にmarkdownを用いたメモを取ることが出来ます。 モバイルアプリでmarkdown?と思われるかもしれませんが、慣れると案外便利でした😄👍

知識を簡単にストック

Boostnoteがあれば、自分が必要な情報を簡単に記入でき、閲覧することが出来ます。例えば…

  • 思いついたアイデアや設計を何でも記録し、保管
  • ミーティング議事録の保存
  • 後で読むリンクの補完

などなど….自分にあった使い方を見つけてみましょう。

近日中にアップデート予定の機能

とりあえずリリースまで漕ぎ着けたものの、まだ不足点が多いです。 近々以下の機能追加と、待望の(?)オープンソース化を行いますので、少々お待ちください!

  • dropboxを通じて、デスクトップアプリとの連携
  • 画像の読み込み
  • Markdownの入力補助
  • 検索
  • ノートのStar

技術スタック

iOS, Android共にReact Nativeでゴリゴリ作っています。 ハマりどころが多かったので、別途ブログかslideshareでまとめる予定です。

今後

こちらのブログで触れたとおり、既に提供しているデスクトップアプリの方は海外ユーザーがガガッと増え、コミュニティがグローバルに盛り上がりつつあり、とても嬉しく思っています。

f:id:kazup_bot:20170725170927p:plain

今後は10hzの開発も並行して進めつつ、より良いツールを、より濃い密度でより多くの人達へ届けることが出来るよう、頑張ります!

Boostnote Mobileのオープンソース化、お楽しみに!

*Boostnote関連情報