ショートカットキーを用いて、仕事能率を120%にする方法

こんにちは。
皆さんはショートカットキーを使ってますか?

ショートカットキーを使うと1日約5分の節約ができるとします。
この場合、30日だと150分(2時間30分)の節約ができ、
1年間なんと1800分(30時間)、時間の節約ができちゃいます。
 
というわけで今回は、
Boostnoteの作業速度を爆速にしてしまうショートカットキーの使い方を紹介します。

Boostnoteって何?って方はこちらへどうぞ。

boostnote.hatenablog.com

1.Finder機能

[Command + alt + S]

f:id:junp0819:20170921175110p:plain

上記のショートカットキーを入れることでFinderが立ち上がります。
このFinderの検索欄に、例えば「sql」と記述すると、”sql”のメモが出てきます。
ここで”Enter”ボタンを押すだけで、メモの内容をコピーできます。
 
あとは貼りたいところにペーストするだけです。
 
 

2.Boostnoteを表示、非表示

[Command+Alt+L]

上記ショートカットキーを入れることでBoostnoteの表示と非表示を切り替えることができます。
調べ物をしながらWebページを見たり、メモを書いたりの作業の時に有用です。
 
 
ちなみに、この2つの機能は以前の記事でも紹介しましたが、[Preferences]で自分好みにいじれます。
f:id:junp0819:20170921175125p:plain

   

3.その他のショートカットキーを見ていきましょう。

ショートカットキー 機能
Command + N 新規ノートの追加
Ctrl + E markdownのエディタモードに切り替え
Ctrl + J 下のノートに移動
Ctrl + K 上のノートに移動
Ctrl + S 検索バーにフォーカス
Ctrl + Del ノートを削除

などなど、実は色々ショートカットキーが用意されています。
是非試してください!
 

まとめ

今回は Boostnoteのショートカットキーについて書かせていただきました。
先日のミートアップでのユーザさんの一人は、表示・非表示のショートカットキーをバリバリ使ってるらしいです。
皆さんも是非利用して作業能率を上げましょう!

Boostnoteのダウンロードはこちら

boostnote.io

 
SNS上でも発信しております。よろしければフォローやシェアお願いします!
Twitter
Facebook
Product hunt
AlternativeTo
GitHub