SwiftでGoogleAdmobを導入する方法 - 事前準備編 -

今回は、GoogleAdmobをSwiftを使用して貼っていきます。
公式リファレンスはこちらですが
内容を簡略化したのでお届けします。
全てを一度に書くと長くなるため、こちらの記事は事前準備にとどめております。
記事の最後に各広告の導入方法のリンクを貼るのでそちらから実際のソースコードは確認してください。

前提条件

・Xcode 7.0以上
・iOS 6.0以上がターゲット
Admobアカウントを作成

1.Google Mobile Ads SDK ダウンロード方法

1.cocoapodでのダウンロード
2.マニュアルのダウンロード
以上の2つの方法でダウンロードできますが、今回はマニュアルのダウンロードで紹介していきたいと思います。
まずは、こちらのサイトのzipファイルを解凍してください。
ブログ作成時、sdkのバージョンは7.26.0でした。
このsdkの「GoogleMobileAds.framework」をXcodeにドラッグ&ドロップします。
f:id:junp0819:20171212170522p:plain この時の注意点として、 Copy items if neededに必ずチェックを入れておいてください。

f:id:junp0819:20171212170612p:plain

2.フレームワークのインポート

プロジェクトのディレクトリ(Xcode左部分の一番上のファイル)を開き、
タブは「General」で、下の方にスクロールすると、
「Linked Frameworks and Library」というのがあるので、そこの+ボタンを押してフレームワークをインポートします。 (画像参照)
f:id:junp0819:20171212170850p:plain 追加するフレームワークは下記の10個です。
・AdSupport
・AudioToolbox
・AVFoundation
・CoreGraphics
・CoreTelephony
・EventKit
・EventKitUI
・MessageUI
・StoreKit
・SystemConfiguration
f:id:junp0819:20171212170922p:plain:w400
フレームワークが入りました。
これでadmobを導入する準備が整いました。

3.広告について

広告は以下の4つの形式があります。

バナー

オーソドックスな形の広告です。画面上部や下部によくある長方形の小さな広告です。
boostnote.hatenablog.com

インタースティシャル

画面を覆い尽くすほど大きい下から出現する広告です。 boostnote.hatenablog.com

動画広告

これも見たことあると思いますが、その名の通りムービーが流れる広告です。
boostnote.hatenablog.com

ネイティブ

普通の広告ではなく、固有なUIにカスタマイズ可能な広告ですが、2018/03月に廃止なので割愛させていただきます。